上総大久保

a0061947_711031.jpg



2017年5月3日。
「いちはらアートミックス」を訪ねる日帰り旅。


旧里見小学校を訪問したあとは、バスで里見駅まで戻り、そこからさらに列車に乗って上総大久保駅へ。


a0061947_791712.jpg




到着すると、そこにはスナイパー諸氏が随所に潜伏。


a0061947_7125347.jpg




非常に素朴な雰囲気の駅舎。いい感じです。



a0061947_7133064.jpg



竹林整備のため、竹の子はそのまま育成する方針の模様。


a0061947_714126.jpg



そこから徒歩ですぐそばの旧白鳥小学校へ。こちらもアートミックスの会場のひとつ。


a0061947_7143738.jpg



こちらでは地元の方々の活動も紹介されていました。校舎内には「市原ぞうの国」の「ゆめ花」が描いた作品も。


a0061947_7155195.jpg



ここには「唐揚げ大将亭」のキッチンカーも来場。ということで、喜び勇んで唐揚げグランプリ受賞のその味を堪能。


a0061947_716515.jpg



食べているうちにふと林檎の香りを感じたので「なんだろう?」と思ったら、そこはアップルミントが一面に生えていました。


a0061947_7161526.jpg



一方、懐かしいつくりの白鳥公民館では中井精也さんのギャラリートークを拝聴。軽快な語り口で、会場は終始和やかなムード。猫を撮るのも相当お好きなようでした。


a0061947_7163699.jpg




写真じたいは、見る者の鑑賞力によって物語性がぐっと増すような仕事。それは豊かな現場経験と論理的思考、そして偶然的な要素をも積極的に楽しむ姿勢の賜物なのでしょう。


(撮り鉄の方々のなかには「こうあらねばならない」みたいなものに嵌り込みすぎているように見えたり、それが行きすぎて、自分の構想を実現するために非合法やそれに近い行動をとるような人がいる。でも、鉄道の写真を撮ることって、まずは前提条件としてそこに存在する被写体や環境のコンディションに敬意をもって向き合い、そしてその時の条件下でしか生みだせない表現を如何にして残すか、ということに尽きるのではないかと思います。)


a0061947_718453.jpg




a0061947_7224248.jpg





終了後、ファンの方々に囲まれる中井さん。
めっちゃかっこいいジープでご来場でした。


a0061947_719449.jpg





「いちはらアートミックス」を満喫したあとは、船橋駅で途中下車。
こちらの駅前にはお気に入りの回転ずしがあります。この日は鯨のお寿司を頂けました。



a0061947_7351056.jpg


















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
by paginademaiko | 2018-03-06 07:35 | アート
←menu