a0061947_13142420.jpg



2017年11月3日。


国立新美術館の「安藤忠雄展―挑戦―」へ。


a0061947_13123095.jpg



屋外には「光の教会」が出現。


a0061947_13115188.jpg




室内の展示もとてもエネルギッシュな内容でした。


a0061947_13124391.jpg



ただし、あまりにも盛況すぎて平置きの資料は行列しないと見れず。


建築家本人による写真コラージュはポップすぎて見ているうちに笑みがこぼれました。


その後は、同館で開催中の日展と、帝国ホテルでのそのオープニングパーティーへ。


a0061947_131365.jpg



日展は地方で長年活動する方々の仕事を見ることが出来る貴重な機会でもあります。パーティーでは全員に名札支給でした。


a0061947_13132273.jpg



















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 13:13 | アート
2017年11月3日。

一条美由紀さんの個展をたずねストアフロントへ。
DMに文章を書かせていただいた展示になります。

ドイツから帰国後初、18年ぶりの個展。



a0061947_13667.jpg




その作品はデモーニッシュで、少しユーモラスで、そして幽玄。コンパクトな空間ながら展示方法の工夫により予想以上に見ごたえがありました。



a0061947_1364755.jpg















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 13:07 | アート
2017年11月1日。

竹橋からの帰り、パレスサイドビルがなんだか普段と違う様相に気づく。


a0061947_12364998.jpg



オリンピック1000日前を記念してIOC加盟国・地域の旗を掲出しているのだとか。


銀座ではなつかの高浜利也・濱田富貴展、柴田悦子画廊のラボ展、カメリアの藤田まりこ展、枝香庵のツリタニユリコ展、ニッチの今井麗展、そして十一月画廊の薦田梓展を訪問。


藤田まりこさんの作品を見るのは初めて。


a0061947_1240499.jpg



ツリタニさんの作品は屋根裏みたいな場所にも、よく似合う(このスペースはかつてエレベーターの制制御室だった場所)


a0061947_12402641.jpg



今井さんは食べ物を本当においしそうに描きます。


a0061947_1246912.jpg



a0061947_12413423.jpg



薦田さんの作品は軸装とも相性よし。


a0061947_12434857.jpg




最後はGINZA SIXのパパブブレでyukaotaniさんの作品展示を拝見しました。


a0061947_1244977.jpg


















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 12:44 | アート
a0061947_1222498.jpg



2017年10月31日。

ヴァンジ彫刻庭園美術館で「日高理恵子 空と樹と」と開館15周年記念展「生命の樹」を拝見。


a0061947_12244616.jpg



日高展は厳しい印象の本画に比べ、素描には実直で素朴な雰囲気がありました。


a0061947_12255224.jpg



a0061947_12261027.jpg



a0061947_12262645.jpg




生命展は今回も同館のキュラトリアルな好み、具体的にはある種の枯淡さが反映されていました。


a0061947_12264594.jpg




が、それを見て毎回感じるのは美術館に名が冠されているジュリアーノ・ヴァンジ氏の肉厚な彫刻との相性。それは決して良いとは思えない。


しかし、外に出て愛らしい花を見ているとそれはどうでもいい気がしてきてしまう。美しい庭園を有するこの美術館ならではのマジックです。


a0061947_12273370.jpg



そしてこの日、その庭で最も魅惑的に感じられたのは、蝶の口元のような渦巻を備えたシクラメンでした。


a0061947_12282075.jpg




あわせてこの日、三島ではエクリュの森で川合朋郎展、そして清水町のサントムーンのカフェで岡部稔展を拝見しました。


a0061947_12283485.jpg



a0061947_12294061.jpg












Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 12:29 | アート
a0061947_1217450.jpg



2017年10月27日。


日が暮れてから谷根千へ。
いくつかのギャラリーを訪問しました。


最初に訪れたのは櫻木画廊の沓澤貴子展。


a0061947_1217312.jpg



続いて訪れたのはギャラリー七面坂の与那覇大智展。こちらのスペースは初訪問。夕焼けだんだんの近くでした。家屋の一部を改修したようなつくりでした。


a0061947_12174983.jpg



a0061947_1218421.jpg



そして、HAGISOの杉浦藍展へ。


a0061947_12182032.jpg



a0061947_12183557.jpg



その後は小伝馬町まで移動し、金曜は20時まで開いているジネンギャラリーへ。


こちらでは山田ちさと展と戸賀﨑珠穂展を拝見。


a0061947_1219345.jpg



a0061947_12192628.jpg












Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 12:19 | アート
2017年10月24日。


西荻窪は数寄和の吉川民仁展へ。


a0061947_1234112.jpg



大作はエンブレムを思わせる表現がユニークで、小品には面積以上の華がありました。


a0061947_124747.jpg



その後は表参道から外苑前にかけて幾つかの展示を訪問。


始弘画廊では中村ミナト展を拝見。クールです。


a0061947_1244670.jpg



a0061947_1245828.jpg



スパイラルのミュージアム・オブ・トゥギャザーではスロープに女性達が大行列。何かと思ってスタッフの方に訪ねたら、香取慎吾さんの作品鑑賞者専用の列とのことでした。


a0061947_1251962.jpg


a0061947_1255869.jpg



外苑前ではかわかみ画廊の鈴村優展、トキ・アートスペースの前嶋望展、白白庵の宮島亜希・カノートモカズ二人展、そして画廊くにまつの徳岡神泉×現代作家の展示へ。


a0061947_1261563.jpg



a0061947_1273814.jpg



a0061947_1264625.jpg



a0061947_127164.jpg


徳岡神泉はそのポツネン感が結構好きで、個人的には日本画壇のモランディ的存在です。
















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 12:07 | アート
2017年10月24日。


限られた予算を窺わせる武蔵野市民文化会館の館内作成風手チラシに驚愕。


a0061947_11454082.jpg



というのは、それらのコピーライトがとても明朗で力強く、かつ、そこには音楽への愛がみなぎっていたから。


a0061947_11514918.jpg



そのコピーの例を挙げると下記のような感じ。どれも前のめり感がすごい。


「世界最高のバッハ弾き」

「出演料が高騰する前の今がチャンス!なにがなんでも武蔵野へ!」

「痛快!痛快!!痛快!!!痛快!!!!」


a0061947_11503613.jpg



なんだか担当者に寅さんが乗り移っているみたい。


a0061947_11504943.jpg



あ、「アリア連打連打連打」に関してはブルーハーツかも。
















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 11:53 | アート
2017年10月23日。


Hasu no hanaで「松下誠子Gun-zô」を拝見。


a0061947_11424350.jpg



同年5月のRED AND BLUE GALLERYでの個展ではパラフィンワックスによるパーツの集合体でひとつの表情を作り出していましたが、今回はそれぞれに表情を籠めたものを散在させるという方法で提示。誠子さんの作品、私は咎めるような表情のものにとりわけ惹かれます。


a0061947_11544347.jpg



a0061947_11431310.jpg



ひたいの面積に聡明さを感じる男性のドローイングも素敵でした。


(私は男性の容姿に関して特に好みは無いと思っていたのですが、実は最近、それは「ひたいの広い人」なんじゃないか、と気づきました。例えば、岸田劉生の「古谷君の肖像」とか、バック・トゥ・ザ・フューチャーのドクとか。)















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 11:43 | アート
2017年10月20日。

銀座でギャラリーめぐり。

ゴトウの浅野紋子展と塚本猪一郎展、なつかの平田達哉展、ニッチの井上ゆかり展、枝香庵フラットの水口和紀展、カメリアの佐々木俊明展、ナユタの米山幸助展、巷房の森垣友理子展、Oギャラリーの池本洋二郎展と松井浩一展を訪問。


平田さんはアイデアの苗床みたいな正方形のシリーズと、そこから派生したタブローの対比が面白い。


a0061947_11233795.jpg



水口さんは久々の個展で、今回はマルチカラーの亀に好感。


a0061947_11235189.jpg



a0061947_1124371.jpg



ナユタの動物園は檻の中の書き割りを日本画で表現した画中画にツボ。そしてゾウの毛にリアリティを感じました。


a0061947_11242369.jpg



松井さんのインスタレーションは、いい意味でOギャラリーらしさを裏切る展示でした。


a0061947_11252788.jpg

















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 11:25 | アート
2017年10月18日。

鬼瓦にもまさる凛々しい猫に出合いました。


a0061947_11194893.jpg













Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 11:19 | アート
2017年10月14日。

20時頃、閉館時刻間近のポーラミュージアムアネックスへ駆け込み。


こちらでは「アルベルト・ヨナタン TERRENE」を拝見。


a0061947_111517.jpg



作家は1983年、インドネシア生まれ。陶芸を専攻後、2013年にはヴェネツィア・ビエンナーレにも参加しています。


a0061947_1058311.jpg



洗練された雰囲気の展示のなかにそつなくアイデンティティを漂わせるあたりに(言い換えれば、決して声高ではないというあたりに)、この世代らしさを感じました。
















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 10:58 | アート
2017年10月14日。


夕方、茨城から東京に戻り、京橋へ。


こちらでは安倍総理のモノマネで有名な芸人・福本ヒデさんの個展へ。会場はかわうそ画廊。


a0061947_10474872.jpg



時事ネタ満載で「かけ」そばと「もり」そば用の器なんてものも。


a0061947_1048452.jpg



蕭白や宗逹などもシミュレーショ二ズム的に取り入れたスパイシーな作品群にまぎれ、思い切りぶちゃいくに風刺された某大物政治家本人からの祝電らしきものも添えられてありました。


a0061947_10483951.jpg















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 10:48 | アート
2017年10月14日。


笠間。この日朝からお付き合いいただいた梅花美月さんと最後に訪れたのは、Nobu'sGallery&cafe。


a0061947_10305977.jpg



こちらでは横須賀幸雄さんの個展を拝見。


a0061947_10311251.jpg



その抽象的な表現は華やかで大人っぽく、そしてエレガントです。展示スペースは大谷石が床に敷かれた素敵な空間でした。


同じ棟にあるUTSU工房Penny Laneはビンテージギター販売修理で有名なお店とのことで、覗かせて頂いたら温湿度はまさしく美術館収蔵庫のそれでした。
















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 10:31 | アート
a0061947_10232590.jpg



2017年10月14日。


かつて陶芸家・故里中英人氏の邸宅兼工房として建てられた「笠間の家」へ。設計は伊東豊雄氏。


a0061947_10234450.jpg



a0061947_10245298.jpg



こちらでは笠間陶芸大学校に在籍中の川井雄仁さんの個展を拝見。


a0061947_102471.jpg



a0061947_1024315.jpg



とりあえずぶっとんだ形状に目を奪われますが、バラエティに富んだ質感は何度も焼くことで得られるとのことで、そこには探究心もぎっしり詰まっていました。




















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 10:25 | アート
2017年10月14日。


お昼頃、笠間へ。


そして、この日ご一緒した茨城在住のアーティスト、梅花美月さんがおすすめしてくれたカフェ「Kinomi」でランチ。


a0061947_1019467.jpg



a0061947_1020245.jpg



名前の分からぬもの含め、ひとさらで数十種類のお野菜を食べたのは初めてかもしれません。


その2階はオーナーのコレクションの展示スペースになっていました。絣風の模様が入った曇りガラスにも昭和らしさが。


a0061947_10203020.jpg



a0061947_10204759.jpg



街なかには懐かしい建物が多くあり、国旗もしくはハードエッジ絵画のような庇と菊…限定的なトーンによる美しいコラボも。仕立て方の異なる鉢の置き方や、シャッターの錆び具合も素晴らしかった。



a0061947_1021728.jpg





















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
2017年10月14日。



水戸芸術館の「デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」」へ。


a0061947_10113496.jpg



入口には、さらっと恐ろしい言葉が書いてある扉が。


a0061947_1012438.jpg




a0061947_10124385.jpg



鼻にペンを指してドローイングしつづける何か(多分ルンバ)。


a0061947_10122387.jpg



様々な表現を通じてブラックなユーモアを発信する作家ですが、最も心に響いたのは、数百名にのみ見ることが許された彫刻を彼らが模写したあと破壊してしまうというプロジェクト。


a0061947_1013352.jpg



それら模写の最大公約数から生前(?!)のモチーフ像を推し測るという行為はちょっと歴史学に近いものがありそう。


爽やかなバカバカしさがくせになる短編アニメの連作も面白かったです。
















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 10:15 | アート
2017年10月13日。

夜、NANATASU GALLERYの「牧野永美子 ロマンティックな形相」へ。


牧野さんの作品は、その前年に同廊がスパイラルのアートフェアに出品した作品を見て以来、ずっと気になっていました。


a0061947_1033293.jpg



ひとつひとつがとても丁寧なつくり。


a0061947_104297.jpg





ジワることによってのみ可愛さの認識が許される点に、ディレクターの鎮西さんらしさも感じた次第です。















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 10:04 | アート
a0061947_1011354.jpg




2017年10月13日。


夕方、RED AND BLUE GALLERY「チャン・ヒジョン展 A White Lie」へ。日本初個展とのこと。


a0061947_1003330.jpg




明るい光のなか静物が描かれた作品は17世紀オランダ絵画のような寓意感が漂っていました。オフィススペースで松下誠子さんの作品と並ぶ様子にも妙味がありました。


















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 10:01 | アート
2017年10月13日。

子どもの頃から「かかし」のマークが気になっていた埼玉発祥のチェーン店「山田うどん」を南浦和駅で発見し、初訪問。


a0061947_9394585.jpg



うどんは関西寄りのつゆに白ねぎ、ミニカレーはセロリやトマトの風味を感じる自然派風な味でした。セットで460円也。


a0061947_9395964.jpg




私のように田んぼに囲まれた高校に自転車通学していたような人間にとっては、「かかし」という言葉には田舎ぽさしか感じないし、その言葉を口にすることすらなんとなく気恥ずかしさを覚えるものです。しかし「山田うどん」入店してみて驚いたのは「かかしカレー」のように、そのイメージがかなり戦略的に用いられていること。その潔さには素直に好感を覚えました。


たしかに「かかしカレー」は言葉的には意味不明だけど、そのデペイズマンゆえのインパクトもあるし、音的にも覚えやすい。口に出して注文するのはやっぱりちょっと恥ずかしいけど、山田うどんは食券制なのでそこは問題にならない。


やるなあ、山田うどん。
これからも「かかし」前面でお願いします。















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
a0061947_994057.jpg



2017年10月11日。


LIXILギャラリーの「鈴木基真展 MOD」へ。


巨大なハンマーは東北地方の仏像のような鉈彫風。


a0061947_9101164.jpg



不完全のように思える部分が「彫刻とは」ということを問い直させるような仕事も。


a0061947_910509.jpg



こちらのギャラリーでは、3つのスペースを使ってそれぞれ①企画巡回展(大阪のスペースとの巡回)、②建築・美術展、③やきもの展 を開催しています。


ということで、この日は上記①にあたる「超絶記録!西山夘三のすまい採集帖」と③の「星野暁展 始まりのかたち- 螺旋 ’17」もあわせて拝見。


a0061947_9111587.jpg




a0061947_9113232.jpg



西山展は昭和のありとあらゆる「住宅」をめぐる膨大なレポート。親しみやすいイラストや率直なコメントが盛りだくさんの内容がめちゃくちゃ面白いのに加え、展示デザインそれ自体も細部まで茶目っ気やこだわりがあり、隅から隅まで楽しめました。


a0061947_9115041.jpg

















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
# by paginademaiko | 2018-10-25 09:12 | アート
←menu