カテゴリ:日常または放浪( 293 )

2018年4月23日。


お菓子メーカーのロッテが運営する「ロッテ シティホテル錦糸町」のエレベーターホールでこんな絵を発見(作者不詳)。



a0061947_16313268.jpg



そばにあった解説によれば、同社の社名はゲーテの「若きウェルテルの悩み」のヒロイン、シャルロッテに由来するのだとか。


同社のキャッチフレーズ「お口の恋人」も結構シュールだと思ってたけど、壮絶な片想いの物語に由来する社名をつけちゃうなんて、意外とロマン主義的なところがあるのねロッテさん。














Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
2018年4月22日。

見頃の藤をたずね亀戸天神へ。
この日は、東武の東京スカイツリー駅から徒歩で向かいました。


a0061947_1627981.jpg



その途中で偶然見つけた普門院というお寺は、どこか日本ぽくない不思議なムードでした。若干のモダニズム風味を示す本堂の前には、謎めいた壺が置かれたテーブルセットがあったり。伊藤左千夫のお墓もありました。


a0061947_16265840.jpg




その境内にあった菩薩像はポージングがどこか近代的。そしてなぜか、錆び付いた牛乳輸送缶がまるで脇侍のように置いてありました。ここにお墓がある伊藤左千夫が近くで酪農を営んでいたのと関係してるのかな。


a0061947_16272761.jpg



亀戸天神は藤をお目当てとする参拝者で大賑わい。


a0061947_16274924.jpg



そして赤い太鼓橋の傾斜はなかなかハードだったりします。


a0061947_1628395.jpg
















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
2018年4月19日。

神楽坂。

たぶん店主は鉄道ファンなのかなと思いました。


a0061947_1514958.jpg



たぶん店主は野球ファンなのかなと思いました。


a0061947_15142256.jpg
















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
2018年4月17日。


ナイロビの美容師さんが髪をほどく目安と言っていた3週間も過ぎ、1か月を迎えたのを機にブレイズとお別れすることに。


まずは元々の地毛の長さまでカット。


a0061947_1451051.jpg



続いては、三つ編みをほどきながら、根本から編み込まれていた人工毛を取り外しました。この時点では、かなりわさわさとした感じ。


a0061947_14473281.jpg




せっかくなのでこんな写真を撮ってみたり。


a0061947_14491244.jpg



そしてシャンプーをすると、髪はすっかり元の状態に。


a0061947_14474989.jpg



この髪形は、元来くせ毛の私には本当に快適でした。日本でも手頃な価格で出来るならずっと更新したいくらいです。
















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
2018年4月16日。


松戸。友人の提案で、アーアー果てしないーと脳内でヘビロテしそうな酒場を初訪問。


a0061947_14282381.jpg



地下へ続く階段を降りると、そこには食券方式の地域密着型ソサエティがありました。


たぶんここは癖になりそう。















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
2018年4月8日。

テレビ画面を二度見。水戸芸術館で何があったのか…


a0061947_11425250.jpg













Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
2018年3月27日。

着物好きのお姐さんからお草履をい譲り受ける。
日常的な必需品なので本当にありがたく、感謝。


パステルイエローのものは踵付近にヤシの葉みたいなシルエットが表され、なかなか斬新な意匠。


a0061947_19511429.jpg



履いたら大半は見えなくなっちゃうのが勿体無いように感じつつも、声高な自己主張の逆を行くようなデザインもこれぞ日本らしさのひとつなんだろうなと思う。


















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
2018年3月25日。


六義園の散策後、喉が渇いたので、ジャケ買いに近い感覚でこちらへ入店。



a0061947_19491857.jpg


品のよさを感じさせるマダムがひとり切り盛りする、カウンターのみのアットホームなお店でした。メニューの数は多くはなかったけど、しかし手抜きという感じはしなかったな。



















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
2018年3月6日。


明治神宮前駅のちかくで、UFOキャッチャーをイメージしたシャネルのイベントカーを目撃。


a0061947_1043565.jpg




次は大竹伸朗さんとのコラボ・バージョンでお願いします















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
2018年2月26日。

北千住のO’keeffeを訪れたあとは、いつもの「飲み屋横丁」とその周辺をぶらぶら。


チャーミングなネーミングのスナック。


a0061947_1022711.jpg



頭上に跨るタイプの看板がいかにも繁華街の路地といった感じで好い。


a0061947_1023973.jpg



煙草を最後の2cmまで愛おしむマダムも目撃。もうほとんど寺山修司の世界です。


そんな飲み屋横丁で、いつも足を止めてしまうのが「特殊技術」という表現に自負が感じられる理髪店。


a0061947_1025329.jpg



そしてその看板には、その白さゆえにヴィレンドルフの小像よりも一層艶めかしいスティアトパイグス型の大根の写真が。なぜここに配されているのかはわかりませんが、サンプル画像のマッチョさを際立たせることに一役買っているのは確かな模様。


a0061947_104421.jpg



















Copyright (c) YAMAUCHI Maiko All rights reserved
←menu